スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
平成17年くらいに購入した私のミシン…
購入以来、約2年おきに調子が悪くなって修理に出しています^^;

だいたいいつもメイン「糸調子が悪くなる」で、ついでに「押さえ金がすぐ外れる」「自動糸通しで糸が通らない」などのおまけがあります。

そして今年は故障の当たり年だった模様。
やっぱり「糸調子が悪く」なり、今年のオプションは「電源が勝手に切れたり入ったりする」でした。
まあ、2年で500着以上作ってるから、調子が悪くなるのも仕方ないのかなー…

いつもはミシンを購入したショップに修理に出しているのですが、何せ鹿児島県のネットショップで購入したので遠い!!
送料も時間もかかる!!
…と言う事で、今回は別のところに修理に出す事にしました。
山梨県のtetettaみしん工房さんです。

以前たまたまサイトにたどり着き、修理の様子を毎日ブログで更新されていたり、修理料金もきちんと掲載されているなど、安心感のあるショップだなーと思っていました。
それに山梨県だったら私の住んでいる静岡県の隣だし、義母の実家も山梨県だし!!(←関係無し)

早速、メールフォームで故障内容や機種などを送ったところ、1時間もしないうちに返信が!!
大まかな修理内容や見積もりが記載されていました。
とても丁寧なお返事に安心し、正式に修理を依頼。
運送屋さんにミシンを集荷に来てもらい、tetettaさんにミシンを送りました。
送り方についても、とても丁寧に教えていただきましたよ~^^

ミシンを送った次の日、「修理完了しました」のメールが届き、あまりに早くてビックリ 
メール後、直接お電話をいただき、故障の原因や修理内容、今後のメンテナンス方法までとても詳しく教えていただきました。
店長さん、とても明るく、気さくな感じでしたよ~!!

故障の原因ですが、糸調子の悪さはミシン内部のホコリによるものだったようです^^;
ホコリ、tetettaさんのブログで画像が掲載されているんですが…見てみる??

【閲覧注意】こちら⇒http://tetetta.blog6.fc2.com/?q=pc8000#entry3778

これでも、まだ少ない部分だったらしい…(;一_一)
写真が撮れない、もっと奥の部分はものすごかったらしいです…

これじゃ糸調子も悪くなるわ…

電源が勝手に切れたり入ったりするのは、コードの断線が原因だったようです。

ホコリも断線も、しっかり修理してもらい、全体のメンテナンスもしてもらってミシンが自宅に帰ってきました!!
きれいに梱包されて、眩しいくらいきれいになったミシンです

P1090942.jpg

フットコントローラーも、コードがぐりんぐりんに絡まって丸まってしまっていたのがスッキリまっすぐになっていました。

P1090943.jpg

断線も直っています。
メーカーの純正プラグを使用すると高額になってしまうので…と別のプラグを使用して修理代を抑えていただきました。

P1090944.jpg

うちのミシン、こんなに白かったっけ??
と言うくらいピッカピカ!!

P1090945.jpg

試し縫いのあとです。
ピンクのチェックの布が何だかカワイイ…^^

P1090946.jpg

ホコリもきれいさっぱりなくなっています。

P1090949.jpg

各種スイッチ部分やパネルもピカピカ!

P1090948.jpg

こんな所もキレイになっていました。

P1090947.jpg

もちろん、糸調子も良くなり、縫っている時の音が全然違う!!
厚さのあるリネンも、薄いリバティもすいすいきれいに縫えます。

11月にはまたイベントもあるし、オーダーもいただいているし、直って本当に良かったです^^

tetettaさんには本当にお世話になりました。
また2年後?お世話になるかも知れませんが^^;ぜひまたお願いしたいと思いました。

みしん工房tetettaさん→http://www.tetetta.com/index.html

ランキングに参加しています ⇒ ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)


スポンサーリンク
スポンサーサイト
マイミシン・マイトルソー
私が今使っているトルソーの購入経緯についてのレポートです。

IMG_9713.jpg
↑こちらの方です(笑)


私は自分で作った洋服をブログで公開していますが、洋服は着ている状態で写真を撮った方がより分かりやすいと思い、トルソーを何体か使っていました。

最初はハンガーに前半分の女性の体がくっついたようなハーフトルソー。
2体目は、腕なしの白いトルソー。
3体目は手足ががっちり付いているマネキン。

これらは全部オークションで購入したものです。
最初はハンガーのトルソーで良かったものの、リアルなものをどんどん求め、とうとうマネキンまで購入してしまいました。

・・・と言っても、予算が限られているので、海外製の安いものを落札していたのですが、使っているうちに
「何だか変」「体型のバランスが整ってないんじゃないか」
と思うようになりました。

最後に落札したマネキンに至っては、あちこちキズだらけ、腕や足の繋ぎ目はズレまくり、体型はもちろん不自然だし、油性ペンでいろいろ書いてあるし、塗料のニオイがきつすぎて気分悪くなってしまったり・・・

とりあえず全部使ってみて、最終的には足、腕のない白い上半身のみのトルソーだけを使っていました。

Sサイズタックワンピ4
↑これ

でも、もっとリアルな着画を撮影するために、「腕付きトルソーがほしい・・・」と思うようになりました。
ハンガーに掛けた状態でもいいのですが、平置きやハンガーにかけている時と、身に付けたときでは全く違うイメージになるし、自分がネットで購入する事を考えると、「着てどんな感じになるか」が一番知りたいな~と。

なので、散々迷ったあげく買うことに決定!

これまでの経験から言って、格安の海外製のものは買うときは良くても、あとあと使いづらいことがわかりましたので、国産のもの。
袖もきれいに写せて、着ている時の状態により近づけるよう、可動式の腕が付いているものが良いと思いました。

続きます。↓


国産腕付きトルソー*購入レポートその2へ



ハンドメイドブログランキング


スポンサーリンク

マイミシン・マイトルソー
私がネット通販するときは、商品の比較がしやすいので大体楽天市場です。
今回もこちらで検索。

すると、私が希望するトルソーを扱っているショップは2店舗ありましたが、次の理由で私はマネキン・ファクトリー
と言うショップで購入することにしました。

理由その1
マネキンやトルソーについての解説がとても丁寧だったこと。

理由その2
使ってみて「イメージが違う」などの理由でも60日間返品可能なこと。

国産の腕付きのトルソー、結構なお値段です・・・
でも、これからずっと洋裁を続けて、できればネットショップなんかもやりたいなぁ・・・

作った洋服が最高にきれいに、また、見てくださる方にわかりやすく「着ている状態」を伝えるにはやっぱり良いトルソーを選びたかったので、思い切って購入する事にしました。


【人気商品】【お勧め商品!!】レディース・グラマーボディ(腕付)(マネキン)


ショップの対応はとても早く、あっという間に腕付きトルソー到着!
トルソーさん・・・すっごいナイスバティ!!

今までのトルソーと比較してみます。

まず、正面から。

IMG_9697.jpg

以前のトルソーが肩からウエストにかけて急激な逆三角形なのに対し、新トルソーはなだらかにウエストにつながっています。
腰の曲線もリアルです。


横向き。
この角度が一番違いがわかるのではないかな?
明らかにリアル度が違います。
女性ならではのきれいなヒップライン!

IMG_9696.jpg


後ろ姿です。
美しすぎるくびれ・・・

IMG_9703.jpg

お尻もちゃんと「お尻」の形です。

IMG_9704.jpg


斜め上から。
デコルテから胸のラインがリアル。

IMG_9698.jpg


洋服を着せて比較してみました。

IMG_9701.jpg IMG_9699.jpg

新トルソーのほうが立体的に見えます。
さらに腕をつけると、

IMG_9705.jpg

ますますリアルですね~!
腕の関節が動かせるようになっているのはもちろん、指の関節まで全部動きます。
しかも、ちゃんと爪もある!



ただ、腕は可動式ですが、関節ひとつひとつを動かして自分の思うようなイメージのポーズにするのにちょっと慣れが必要かな?
でも、やっぱり服を着せたときのイメージはこれまでのどのトルソーやマネキンとも全然違いますよ~!
高かったけど、買って良かったと思っています。

トルソーを活かせるように、ますます洋服作りを頑張りたいと思います。



【人気商品】【お勧め商品!!】レディース・グラマーボディ(腕付)(マネキン)
ショップ名:マネキン・ファクトリー


国産腕付きトルソー購入レポート*その1はこちら



ハンドメイドブログランキング


スポンサーリンク
マイミシン・マイトルソー
ロックミシンがほしい~~~!!

そう思うようになったのは、去年、ハンドメイドを再開してから。
平成17年に、それまで使っていた家庭用ミシンの調子が悪くなり、ブラザー PC8000を購入してからは、コンピューターミシンの使い勝手の良さにすっかりはまって、洋服を作りまくっていました。

その後、少し間があいて、去年10月。
地域の子ども会でバザー&1daySHOPを行うことになり、私もハンドメイド品を出品してみようとミシン再開。
出品した品がほとんど売れてしまった上、
「好きな生地持ってくるので、作ってもらえませんか?」
なーんて大変ありがたいお言葉までいただき、ミシン熱が一気に復活してしまったのでした。

それまでは、縫い代の始末はいつもジグザグミシン。
ロックミシンなんて、プロの人が使うもの、くらいにしか思っていませんでした。
でも、オークションや、他のハンドメイド作家さんのブログを見ても、縫い代はロックミシンできれいに始末してある作品がほとんど。
一般の人でも、ロックミシンを使うんだ~・・・
なんて思い始めました。

ジグザグ縫いで始末

大好きなリネンで作った洋服。
ジグザグで処理して、何度も着て、何度も洗濯するとやっぱりほつれてきてしまいます。
ジグザグよりは、家庭用ミシンの裁ち目かがりはどうかと思い、試してみたりもしました。

普通ミシンの裁ち目かがり

でも、どうしてもボロボロほつれてきてしまいます。

ならばと、このブログの今までの生地にもあったように、袋縫いで始末したりもしました。

ハーフリネンAラインワンピ裏

袋縫いは確かにほつれる部分が内側にかくれるので見た目はとってもキレイ。
ただ、袋縫いした部分が重なるところは生地が何枚も重なるため、厚く、ごつごつになってしまうのです。
薄手の生地ならいいけど、ちょっと肉厚のリネンなどはもう本当に固くなってしまって・・・

自分だけで使うものなら、ジグザグや袋縫いでもいいけど、頼まれたものはやっぱりキレイに作りたい・・・
そんな思いがどんどん大きくなりました。

次へ



ロックミシン購入物語
1 ロックミシンがほしい~!(このページ)
2 ロックミシンの選び方
3 ミシン屋さんに質問!!
4 再びミシン屋さんに質問!!
5 ロックミシンとご対面!
6 感動?の最終回

***ハンドメイドブログランキング***
マイミシン・マイトルソー
ロックミシンがほしい気持ちは日に日に大きくなり、買う予定もないのにあちこちのサイトを見て、どんなロックミシンを選ぶのか下調べを始めてしまいました。

その結果、使っている方が多く、レビューもたくさんあるのは

糸取物語 と 衣縫人

と言うことがわかりました。

どちらもジューキと言う会社のロックミシンで、ロックミシンの最高峰なーんて書いてあるサイトも(*^_^*)
この時点で、買う予定もないのにロックミシンはこのどちらかだな、なんて決めていました(笑)

よく思いがちなのが
まだ初心者だから最初は安いのを買っておいて、慣れてきたらいいものに買い替えよう!
と言うこと。
私もそう思っていました。

ただ、今使っているブラザーのPC8000を買う時にミシン屋さんに言われたのが、
安いミシンは安いなりです。調子を合わせるのも手動。メンテナンスも必要。
どうせ買うなら、最初は安いミシン、ではなく、最初から良いミシン。

と言うこと。

確かに、今まで使っていた安いミシンは、糸調子がすぐに狂ったり、縫い終わった~と思って裏返したら下糸がぐっちゃぐちゃになってたり、イライラしっぱなし!!
少し縫ってはほどき、調子を合わせ、やっと縫い終わったと思ったら下糸ぐちゃぐちゃ・・・
と、縫う時間よりほどく時間のほうが多いほど。

二度とこんな思いはしなくない!!
と思い、思い切って買った(高い)コンピューターミシン。
これが大正解でした。
縫っていてもストレスは全然ありません。
コンピューターが調子をあわせてくれるし、勝手にミシンがきれいに縫ってくれる感じ。
安いミシンを買わなくて本当に良かった・・・

使うミシンによって、ハンドメイドが本当に楽しくもなり、苦痛にもなる、と言うことをこの時に思い知っていたので、買うなら最高峰

次に、何本針何本糸にするかですが、大は小を兼ねる・・・と言いますか、
2本針4本糸のミシンを使って1本針3本糸で縫うことは可能 ですが、
1本針3本糸のミシンを使って2本針4本糸で縫うことはできないようです。

私も違いがわからなかったのですが、私なりに説明するに、
直線縫いが2本+上下糸でかがり が2本針4本糸
直線縫いが1本+上下糸でかがり が1本針3本糸 と言うイメージ・・・??

布帛の縫い代の始末でしたら、普通のミシンで出来上がり線を直線縫いし、その外側の縫い代にロックミシンで直線1本+上下糸でかがり(1本針3本糸)で良いですが、ニットなどロックミシンのみで作る場合は、やっぱり直線2本+上下糸でかがり(2本針4本糸)のほうが丈夫にできそうなので、あとあとのことも考えて2本針4本糸にしました。

さて次は糸取物語と衣縫人のどちらを選ぶか、ですが・・・

糸取物語衣縫人、何が違うかと言うと、糸切り物語は縫う生地によって勝手にミシンが糸の調子を調節してくれる自動糸調子なのに対し、衣縫人は手動で糸調子を調節する、ということでした。



う~~~~~~~ん・・



これは自分ではどっちを選んでいいのかちょっとわからない・・・

そこで、ここはプロのミシン屋さんに質問してみることにしました。
(ついでに見積もりもとっちゃお~~~っと♪買う予定ないけど


前へ     次へ



ロックミシン購入物語
1 ロックミシンがほしい~!
2 ロックミシンの選び方(このページ)
3 ミシン屋さんに質問!!
4 再びミシン屋さんに質問!!
5 ロックミシンとご対面!
6 感動?の最終回

***ハンドメイドブログランキング***


マイミシン・マイトルソー
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。