スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
以前にもアップしたこちらのワンピース↓

20130210-04.jpg

型紙は「パターン屋さん」の「ボリュームタックワンピース」。
(襟ぐりやタックの位置など少しアレンジしています。)
生地はfabricbirdオリジナルカラーリネン「オリーブ」を使用しています。

このパターン、ほぼ四角で構成されていてとってもおもしろいデザインです。
↓こんな感じ。

20130210-05.jpg

ボリュームタック…の名前の通り、生地をたっぷり使ったかなりボリューム満点のワンピース!
切り替え下は、中央はタック、サイドはギャザーを寄せています。

胸元のスリットは自然に左右に開いて襟のようになります。

20130210-06.jpg

後ろはこんな感じ。

20130210-07.jpg

で、それをさらにアレンジしてこんなワンピースを作りました。

20130210-17.jpg

生地は、先日作った「チョコレート色リネンスモックワンピ」と同じふわふわのリネンです。
切り替えから下のスカート部分は手で掴んでシワを付けています。

一番大きなアレンジは、前身ごろを2枚にしたところ!
左右別々に作って中央で重なるようにしました。

20130210-18.jpg

切り替え下のタックの大きさや数、ギャザーの量も変えています。
で、この襟部分、ブローチなどで留めても、また違ったスッキリとした品のある雰囲気になるんですよ~!
(ピンチで留めている部分)

20130210-16.jpg

後ろはこんな感じ。

20130210-15.jpg

それで、この生地なんですが、とにかくふわふわで…
裁断の時も動いて動いて仕方ないんです^^;

で、このデザイン、ほぼ直線で構成されているので、正確に裁断するために、パーツごとに糸抜き(生地の中から織り糸を1本抜き出して正確な直線を求める…で説明合ってるかな?)をしてから裁断しました。

難しいものではないのですが、細~い織り糸をツツーっと切れないように全パーツ分抜き取るのは、私としては時間と根気が必要で、ちょうど映画がやっていたので、それを見つつコツコツ進めていたのですが…

その映画が、「インシテミル」で、「より多くの報酬を巡って参加者同士が殺し合う、命をかけた心理ゲーム」という内容が、とても緊張感があって面白い作品だったのですが…

困ったことに、「このワンピース=インシテミル」と脳内でイメージが定着してしまったらしく、無事糸抜きはできたのですが、その後縫製するときでもアイロンするときでも、この魔女ワンピに触れたり、見たりするたびに「インシテミル」が脳内再生されてしまって…

以前にも、ふわふわのミルク色のWガーゼでストールを作るとき、「ダイハード」を見ながらフリンジ部分の糸抜きをやっていたのですが、それ以来そのストールを見るたびに血まみれのブルース・ウィリスが脳内再生されるという…
(作ったのは何年も前なのに、未だにこのストールを見るとブルース・ウィリスが脳内再生されます^^;)

何かを見ながら作業するときは、ちゃんと内容を考えたほうが良さそうですね(汗)


ランキングに参加しています ⇒ ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)


スポンサーリンク



スポンサーサイト
2015年9月までの記事
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。