スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
ロックミシンがほしい気持ちは日に日に大きくなり、買う予定もないのにあちこちのサイトを見て、どんなロックミシンを選ぶのか下調べを始めてしまいました。

その結果、使っている方が多く、レビューもたくさんあるのは

糸取物語 と 衣縫人

と言うことがわかりました。

どちらもジューキと言う会社のロックミシンで、ロックミシンの最高峰なーんて書いてあるサイトも(*^_^*)
この時点で、買う予定もないのにロックミシンはこのどちらかだな、なんて決めていました(笑)

よく思いがちなのが
まだ初心者だから最初は安いのを買っておいて、慣れてきたらいいものに買い替えよう!
と言うこと。
私もそう思っていました。

ただ、今使っているブラザーのPC8000を買う時にミシン屋さんに言われたのが、
安いミシンは安いなりです。調子を合わせるのも手動。メンテナンスも必要。
どうせ買うなら、最初は安いミシン、ではなく、最初から良いミシン。

と言うこと。

確かに、今まで使っていた安いミシンは、糸調子がすぐに狂ったり、縫い終わった~と思って裏返したら下糸がぐっちゃぐちゃになってたり、イライラしっぱなし!!
少し縫ってはほどき、調子を合わせ、やっと縫い終わったと思ったら下糸ぐちゃぐちゃ・・・
と、縫う時間よりほどく時間のほうが多いほど。

二度とこんな思いはしなくない!!
と思い、思い切って買った(高い)コンピューターミシン。
これが大正解でした。
縫っていてもストレスは全然ありません。
コンピューターが調子をあわせてくれるし、勝手にミシンがきれいに縫ってくれる感じ。
安いミシンを買わなくて本当に良かった・・・

使うミシンによって、ハンドメイドが本当に楽しくもなり、苦痛にもなる、と言うことをこの時に思い知っていたので、買うなら最高峰

次に、何本針何本糸にするかですが、大は小を兼ねる・・・と言いますか、
2本針4本糸のミシンを使って1本針3本糸で縫うことは可能 ですが、
1本針3本糸のミシンを使って2本針4本糸で縫うことはできないようです。

私も違いがわからなかったのですが、私なりに説明するに、
直線縫いが2本+上下糸でかがり が2本針4本糸
直線縫いが1本+上下糸でかがり が1本針3本糸 と言うイメージ・・・??

布帛の縫い代の始末でしたら、普通のミシンで出来上がり線を直線縫いし、その外側の縫い代にロックミシンで直線1本+上下糸でかがり(1本針3本糸)で良いですが、ニットなどロックミシンのみで作る場合は、やっぱり直線2本+上下糸でかがり(2本針4本糸)のほうが丈夫にできそうなので、あとあとのことも考えて2本針4本糸にしました。

さて次は糸取物語と衣縫人のどちらを選ぶか、ですが・・・

糸取物語衣縫人、何が違うかと言うと、糸切り物語は縫う生地によって勝手にミシンが糸の調子を調節してくれる自動糸調子なのに対し、衣縫人は手動で糸調子を調節する、ということでした。



う~~~~~~~ん・・



これは自分ではどっちを選んでいいのかちょっとわからない・・・

そこで、ここはプロのミシン屋さんに質問してみることにしました。
(ついでに見積もりもとっちゃお~~~っと♪買う予定ないけど


前へ     次へ



ロックミシン購入物語
1 ロックミシンがほしい~!
2 ロックミシンの選び方(このページ)
3 ミシン屋さんに質問!!
4 再びミシン屋さんに質問!!
5 ロックミシンとご対面!
6 感動?の最終回

***ハンドメイドブログランキング***


関連記事
スポンサーサイト
マイミシン・マイトルソー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。